三郷・八潮市周辺で新築一戸建ての購入を検討している方向けにおすすめの不動産会社を紹介しています。

フラット35と普通の住宅ローンの違いは?どっちがお得?

いずれは「一国一城の主」というのが子どもの頃の夢だった人も大勢いるはずです。この「一国一城の主」というのはもちろん、マイホームを購入することです。賃貸と違って、家を購入するならある程度の資金が必要となり、住宅ローン等で融資を受ける人は少なくありません。ここではローンを組む際、一般の住宅ローンとフラット35にどんな違いがあるのかお話しします。

みんなが選ぶ人気の住宅ローンとは

ローンを組むとき、たいていの人が事前に内容を比較検討します。フラット35もたくさんの住宅ローンの商品の一つです。内容は長期固定金利の住宅ローンになります。長期でローンを払っていく場合、固定金利はリスクがともなうといわれています。金利が固定しているので払う金額も固定するからです。

つまり、最初に払った金額を長時間、払い続けなくてはいけないということです。変動金利なら金利が下がれば、金額が少なくなります。固定金利はそうではないということです。それでも固定金利を選ぶのはフラット35のシステムに魅力があるのでしょう。

概要と仕組みを充分に理解しておこう

特徴は住宅金融支援機構と民間金融機関が共に提供していることです。民間金融機関の場合、固定金利ではリスクがあるので変動金利型の商品を扱っています。フラット35の場合はそのリスクを住宅金融支援機構が担ってくれます。民間金融機関と違って住宅金融支援機構が固定金利ができるのは「証券化」という仕組みがあるからです。

「証券化」を使って資金調達をしているので長期での支払いにも対応できます。肝心のフラット35の仕組みはこうです。金融機関は利用者に対し、長期・固定金利のローンを実行します。実行同時に債権を機構に譲渡し、譲渡された機構は信託銀行等に担保目的で信託します。

住宅金融支援機構債券を発行、それを購入した人から代金をもらいます。金融機関は利用者からローンの元利金の返済をしてもらいます。金融機関は返済金をそのまま、機構に移動します。機構は返済金から投資者に対し元利払いができます。機構によってお金を運用していくから長期間の固定金利が可能となっていきます。

話はかわって、固定金利と違い変動金利は金利が上がる時期があります。金利が上がると返済金額があがります。固定金利はずっと同じ金額を払うから金利の変動を気にしなくてもすみます。金利の変動が気になるのは理由があります。変動金利の場合だと金利が安くなったときにまとめて払えば、早く返済できるからです。

だけど、誰もが金利が安くなったときにまとめて支払いができるわけではありません。その結果、固定金利がいいという人もいます。フラット35の概要を見てもメリットがあります。「金利Aプラン」と「金利Bプラン」の二つのプランをあるということです。「金利Aプラン」は当初10年間の金利を下げます。

対して、「金利Bプラン」は当初5年間の金利を下げます。ちなみに「金利Aプラン」の方が高性能な住宅取得を求めることが可能です。自分が建てたい住宅の内容によってプランを選ぶことができます。そこで、自分が建てたい住宅の性能を考えてから申し込みをするのをおすすめします。

いい商品にもメリットとデメリットがある

フラット35にだってメリットとデメリットは存在します。利用を考えるのはメリットとデメリットを天秤にかけて、比重の大きい方を選んだ結果です。メリットといえば、フラット35を利用すれば金利の引き下げも可能だということです。個人事業主でも借りやすく、保証料もかかりません。団体信用生命保険の加入が任意なので保険に入るか入らないでも金額が変化します。

対するデメリットは担保にする物件の査定が必要です。諸費用までの借り入れはできません。以上が借り入れのメリットとデメリットです。返済時のメリットとデメリットは以下の通りです。メリットは全期間が固定金利だから返済金額が変化しません。繰り上げ返済の手数料が無料になります。

デメリットの場合は返済時に金利が下がっても影響が出ません。変動金利より金利が高くなっています。団体信用生命保険に加入する場合、余分に費用がかかります。フラット35も人によっては向き不向きがあります。その点もよく検討して利用するかを決定しましょう。

金利が変動することに不安を持つ人もいます。他にもローンが借りづらい人、健康に不安があると保険にも加入しづらいです。向いている人は毎月の返済を優先的に考えることができる人です。別の民間ローンでも金利優遇している人も向いています。自分の置かれた状況や今後の生活も見据えて利用を検討しましょう。

 

住宅ローンは返済完了時がゴールになります。借りたからにはきちんと返済を終えなくてはいけません。返済が滞った場合、せっかく購入したマイホームも手放さなくてはいけません。そうならないために住宅ローンについて理解しておくことが必要です。あくまでもフラット35もローンの商品の一つです。内容日程も事前に問い合わせておけば丁寧に説明してもらえます。その結果、利用するかしないかは購入者の判断にかかっているといえるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【三郷市】一戸建て購入におすすめの不動産会社比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名有限会社松栄住宅株式会社クルーハウジングセンチュリー21
株式会社ホームネット
ヤマダ不動産三郷店
株式会社 M STYLE
株式会社新日本エステート
メリット地元に愛され30年! お客様ファーストを徹底する会社しつこい営業のない不動産会社移転後、ますますパワーアップしている不動産業者不動産について気軽に相談できる!地域にとってお客様にとって「ぴったり」な企業をめざす
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
【三郷市】一戸建て購入におすすめの不動産会社ランキングはこちら