三郷・八潮市周辺で新築一戸建ての購入を検討している方向けにおすすめの不動産会社を紹介しています。

新しい家に住み替える際の不動産手続きの流れ


現在の持ち家から三郷市にある家に住み替えを行う場合、不動産手続きをどのように行うのがよいのか流れがわからず、その都度調べながらなんとか引越しできた経験をしてきた人も多いのではないでしょうか。しかし、全体の流れをしっかり把握しておけば、調べながら行うよりもスムーズに住み替えができるようになるため、全体の流れを紹介します。

役所への届は14日の期限が設けてあります

三郷市の住宅に住み替えをするとき、現在の住まいが貸家の場合と持ち家の場合では、全体の流れは大きく異なります。貸家の場合は、転居の1か月前までに大家や不動産会社の担当者に転居することを伝えましょう。電気やガス・水道・電話などの業者や、定期的に利用している関係各所に対して移転することを伝えますが、これは持ち家の場合も同じです。

三郷市から同一市内へ転居する場合は、市役所に出向いて転居届を提出するだけでよいのですが、引越し日から14日以内に行う必要があります。仮に、期限日までに転出届を提出しない場合、5万円以下の過料が科せられたり、引越し先の地域サービスを利用できなかったりするケースもあるため注意が必要です。

他の地域から三郷市に転居する場合は現在の住所を管轄する役所に転出届を提出し、引越しを終えた後に三郷市の市役所に出向いて転出証明書および転入届を提出します。この場合も期限日が引越し日から14日以内になっているため、期限内で行うようにしましょう。

ちなみに、転出届は転出日14日前から当日が期限日ですから、引越しの日が決まった段階で早めに役所に出かけるようにスケジュールを組むのがおすすめです。このように、同一市内での住み替えでは転居届だけで済みますが、他の地域に引越しする場合は転出届を現在の住所を管轄している役所に提出する、転居後に新しい住まいの住所を管轄する役所に転入届を提出するなどの違いを把握しておきましょう。

持ち家から購入したマイホームに住み替えする場合

持ち家の場合は現在の住まいの売却が必要になってきますが、このとき住宅ローンの返済が残っている、ローン返済中に新居を購入した場合などでは、手続きそのものの流れが変わります。ローンを完済しているのであれば、新居を購入するときに新しく住宅ローンを組むことができるでしょう。

しかし、現在も返済中の場合は、新しい融資を受けると返済が困難になってしまうなどの理由で、住み替えを先延ばしにされている人も多いのではないでしょうか。住み替えの場合は、家の売却と新居の購入の2つの取引が必要になるわけですが、家の売却は不動産の査定・媒介契約の締結・売却(販売)活動・売買契約・引き渡しの5つのステップにわけられます。

一方、家の購入では物件探し・見学・購入契約・ローンおよび支払い手続き・入居の5つのステップにわかれるのです。ここで問題になってくるのが、売却と購入のどちらを先に行うべきかでしょう。購入を先に行うことを買い先行、売却を先に行うことを売り先行と呼びます。

どちらもメリットとデメリットがあるのですが、買い先行のメリットは新居探しの時間を多く取れる、仮住まいをせずに済むなどが挙げられるでしょう。デメリットは、売却したいタイミングがあるときには急いで売らないとならないので売却価格が下がってしまう、ローン返済中では二重ローンになってしまうなどがあります。

売り先行が初めての住み替えにおすすめの理由とは

不動産の住み替えには売り先行と買い先行の2種類があるわけですが、売り先行の最大のメリットは、売却により住み替え費用の確保ができる点です。ローンを支払っている場合は売却と同時にローンの完済になるため、新居購入費用の足しにできるメリットも出てくるでしょう。また、売り先行では売却に時間を多く費やせるので、希望価格で売却できる可能性を高めるなどのメリットもあります。

ただし、売却が決まると住み替え先の家が決まるまでは仮住まいが必要になってきますので、2度の引越しが必要になるデメリットがあることも覚えておきましょう。しかし、不動産の売り先行では資金の目途が立っている関係からも購入計画が立てやすく、手元の資金を頭金にするなど住み替え先を探せるようになるので、金銭的なリスクを軽減することが可能です。

ローン返済中の場合、買い先行では家が売れるまでの間は、両社のローン返済が必要になってきます。1~2か月程度の重複であれば何とかなっても、半年や1年などの長期的な二重ローンはかなりの出費ですし、それがボーナス月も含まれるとなれば、支給されたボーナスはすべて返済に回さなければならなくなる恐れも出てくるわけです。

そのため、資金的な余裕がない場合などは、売り先行で住み替えを検討されることをおすすめします。また、売り先行なら三郷市のマイホーム探しの時間を多く取ることもできるでしょう。

 

不動産の住み替えには、売り先行と買い先行の2つがあります。どちらもメリットとデメリットがありますが、初めての住み替えの場合は売り先行がおすすめです。先に不動産売却を済ませる流れで行えば、三郷市のマイホームをじっくり探すことができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【三郷市】一戸建て購入におすすめの不動産会社比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名有限会社松栄住宅株式会社クルーハウジングセンチュリー21
株式会社ホームネット
ヤマダ不動産三郷店
株式会社 M STYLE
株式会社新日本エステート
メリット地元に愛され30年! お客様ファーストを徹底する会社しつこい営業のない不動産会社移転後、ますますパワーアップしている不動産業者不動産について気軽に相談できる!地域にとってお客様にとって「ぴったり」な企業をめざす
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
【三郷市】一戸建て購入におすすめの不動産会社ランキングはこちら