三郷・八潮市周辺で新築一戸建ての購入を検討している方向けにおすすめの不動産会社を紹介しています。

分譲(建売)住宅の間取りってどう?間取り図の読み方を解説!

三郷市の不動産情報では間取り図が添付されるのが一般的です。間取り図は三郷市の不動産を知るための有力なツールとなります。

特に分譲住宅はそれを見ることでかなりの情報を知ることができるのです。何が書いてあるかを知り、どのように見ればよいかを理解することで、間違いのない物件選びが可能となります。

多くの情報が読み取れる間取り図の特徴

三郷市で不動産を探す場合は間取り図に書かれている情報を知ることが大切です。間取り図には方角に関する情報も盛り込まれているはずです。

図面に北方向の記号が書いてあるのが一般的で、書いていない場合は販売者に聞く必要があります。さらに、図面には道路の位置や幅員も記載していることがあるので、そこから多くのことが読み取れます。

住宅の間取りは方角とセットにして理解することが必要で、それにより部屋の日当たりを知ることができるのです。同じ窓でも東向きと南向きでは入ってくる日射の性質がまるで異なります。部屋の日当たりを正確に知るには、方角の情報が欠かせないのです。道路がどちらの方角に付いているかは住宅にとって大切なことです。

最も日当たりを確保してくれるのが南面道路で、それ以外の方角の道路もメリットとデメリットがあります。南側の道路は日当たりが良くなる半面、プライバシーの確保が大変な場合もあるのです。東側や西側の道路は玄関の位置が制約されます。北側の道路は日当たり面でのメリットは無くなりますが、プライバシーの確保が容易となるのです。

間取り図では部屋の大きさやつながりの他にも、窓の数や位置を知ることができます。一部屋に二つ以上の窓が付いている場合は換気の良い室内環境が期待できるのです。バルコニーやテラスなど、部屋以外の情報も盛り込まれています。

階段の位置からわかる家族の関係性

三郷市の不動産では間取り図のポイントを押さえた読み取りが必要です。分譲住宅では2階へ至る階段の位置が住みやすさのポイントとなります。

2階建ての住宅では各階のつながりが大切となり、家族の関係性にも影響を与えるのです。玄関ホールに位置する階段は使いやすく、2階へのスムーズな導線が特徴となります。しかし、家族が顔を合わせないままの生活が可能となり、関係性が薄らぐ不安が残るのです。階段が居間の付近にある場合は家族が顔を合わせる機会が増え、関係性が深まる期待ができます。

さらにキッチンの位置関係も家族同士の生活に影響を与えるのです。キッチンが居間と完全に分離されている場合は、主婦だけが家族との団らんを阻害される恐れがあります。キッチンから居間が見渡せる場合には、主婦が家族と共に時間を過ごせる環境づくりが可能です。

住宅は完成してから長い時間を過ごすことになる場所でもあります。住宅には長期的に高齢化社会を見据えることも大切です。間取り図では高齢となった家族がストレスなく過ごせる部屋が確保されているかどうかも読み取ることができます。1階に老人室として使える洋間があると、高齢となった時の安心感が増すものです。

住宅の間取りは廻れる導線を確保できるかでその質が判断できるのです。一つの場所に行くのに複数の経路が使える住宅は暮らしやすい間取りと言えます。

壁の量と位置で判断できる耐震性

三郷市の不動産では間取り図から耐震性を読み取ることができます。分譲住宅の耐震性は壁の位置と量で決まってくるので、間取りからでもある程度の判断が可能です。

家の外周にある程度の量の壁が偏りなくついている場合は問題が少ないと言えます。しかし、一部に開放的な部分がある場合は、特別の対策がなされているかどうかを他の方法で確認する必要があります。

2階に壁がある場合は1階の同じ位置にも壁があるかを確認することが必要です。同じ位置に壁があることで一定の耐震性が確保できるのです。

吹き抜け部分がある住宅は、その部分の耐震性が弱くなる場合があります。特別な措置により耐震性が確保されていることを別の方法で確認することが大切です。

間取り図には多くの情報が盛り込まれているものの、そこからは読み取れない大切な情報もあるのです。外部や内部の仕上げは間取り図からは読み取れないので、仕上げ表や特記仕様書などで確認することが必要となります。

高さ関係は断面図から読み取る必要があり、姿は立面図を見ることが必要です。分譲住宅は間取り図から全てを把握することは難しく、他の図面も参考にしながら全貌をつかむ必要があるのです。

分譲住宅では屋根や外壁に耐久性のある材料が使われているかどうかを確認することも、耐久性を知る面から大切となります。分譲住宅は物件そのものの見学が可能なので、図面で判断できない部分は実際に見ることで解決できるはずです。

 

三郷市の不動産情報には間取り図が添付されています。そこには多くの情報が記載されているので、ポイントごとに読み解くことが大切です。方角を頭に入れて読み解くことで、部屋の日当たりが容易に想像できます。読み取れない情報は仕上げ表などの他の図面と合わせて見ることが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【三郷市】一戸建て購入におすすめの不動産会社比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名有限会社松栄住宅株式会社クルーハウジングセンチュリー21
株式会社ホームネット
ヤマダ不動産三郷店
株式会社 M STYLE
株式会社新日本エステート
メリット地元に愛され30年! お客様ファーストを徹底する会社しつこい営業のない不動産会社移転後、ますますパワーアップしている不動産業者不動産について気軽に相談できる!地域にとってお客様にとって「ぴったり」な企業をめざす
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
【三郷市】一戸建て購入におすすめの不動産会社ランキングはこちら