三郷・八潮市周辺で新築一戸建ての購入を検討している方向けにおすすめの不動産会社を紹介しています。

不動産を購入したいなら確定申告で取り戻せるお金について知っておこう!

不動産会社を通じてマイホームを購入する場合には、土地や建物の価格そのものとあわせて、確定申告で取り戻せる税金の知識も身につけておくと役に立ちます。

三郷市はつくばエクスプレス沿線を中心に人気が高く、不動産の価格が高止まりする傾向にあるため、少しでもトータルで支出する金額を少なくして経済的負担を減らす工夫が必要です。

条件を満たせば住宅ローン控除の適用が受けられる

三郷市でマイホームを購入する場合、契約金額はサラリーマンの年収の数倍になるのが普通ですが、すべてをこれまでに蓄えてきた預貯金などの自己資金でまかなうには無理があります。そこで地域の銀行や信用金庫などの金融機関から住宅ローンを借り入れて、その借入金に頭金を足して購入資金に充当するケースがほとんどです。

このような場合には、住宅ローンの残高の一定部分にあたる金額を、毎年の所得税から差し引くことができる住宅ローン控除の適用が受けられます。住宅ローン控除は大前提として、個人が住宅ローンを利用してマイホームの新築や購入、または増改築をし、その後一定の期間内にみずから居住する目的に利用した場合が条件となっています。そのため別荘などの用途では適用が受けられません。

またマイホーム用の不動産には一戸建てとマンションの両方の種類がありますが、この制度はどちらであってもかまわないものの、対象の住宅の床面積が50平方メートル以上で、なおかつ床面積の2分の1以上の部分が居住専用に使われることが条件です。そのほかにも住宅ローンの返済方法が10年以上にわたって分割で返済する方法になっていること、控除を受ける年分の合計所得金額が3,000万円以下に該当することなど、いくつかの条件があります。

国税庁でも便利なパンフレットなどを作成していますので、すべて満たすかどうかをチェックした上で手続きをするとよいでしよう。

制度の適用を受けたいなら確定申告をする必要がある

三郷市でマイホームに使う不動産を購入したからといって、それだけで便利な住宅ローン控除の適用が自動的受けられるわけではありません。かならず事前に三郷市を管轄する税務署で確定申告の手続きを期限までに行い、住宅ローン控除を受ける旨をはっきりと示しておくことが必要です。

一般に会社や団体などに勤務しているサラリーマンの場合、毎月の給料から所得税が天引きされているため、特別な事情がなければ税務署でみずから確定申告をする必要はありませんが、住宅ローン控除を受けたいのであれば、サラリーマンであっても確定申告が必要な点には注意したほうがよいでしよう。

この確定申告の手続きのためには、事前に準備しておく書類がいくつもあります。申告書の様式そのものは最寄りの市町村役場や税務署の窓口で受け取ることができ、自宅のパソコンからインターネットを介して様式のダウンロードも可能です。住宅ローン控除では一般的な様式とともに計算明細書とよばれる補助的な様式も提出しますので、あわせて忘れないようにします。

そのほかにも不動産売買契約書または建築請負契約書のコピー、会社などから交付された源泉徴収票、役所に請求する住民票の写しや土地と建物の登記事項証明書、金融機関から送付された年末残高証明書などの書類をひととおり揃えておきます。足りない書類があると受理してもらえませんので、早い段階からの準備が大切です。

最初の年以降も手続きがやはり必要になることに注意

住宅ローン控除を受ける最初の年の確定申告はなかなか面倒ですが、これを済ませたからといって安心してはいけません。実は住宅ローン控除を次の年以降も継続して受けようとする場合には、毎年手続きをしなければならない決まりですので、確定申告に不慣れなサラリーマン世帯は特に注意が必要です。

もっとも会社員などの税法上の給与所得者に該当する人は、2年目以降は直接税務署に出向かなくても、会社を通じた年末調整の手続きだけで制度の適用を受けられます。年末調整をする際には、金融機関から年末が近くなると郵便で自宅に送付されてくる年末残高証明書をあわせて添付するほか、税務署からもらった住宅借入金等の特別控除申告書の当年分も添付します。特に特別控除申告書は、最初の年の確定申告をした後に、それ以降の複数の年分の書類が税務署からまとめて送られてくるのが普通ですので、紛失しないように保管しておきます。

自営業や個人事業主などの職業の人は、サラリーマンとは違って年末調整のしくみが使えないため、最初の年と同様に税務署で確定申告の手続きをしなければなりません。この場合も金融機関が発行した住宅ローンの年末残高証明書の添付が必要です。

またサラリーマンが年末調整の手続きを忘れてしまった場合には、年が明けた1月の末日までの修正期限に間に合わせて年末調整をやり直すか、自営業と同じく税務署で確定申告をする方法のどちらかが使えます。

 

三郷市で個人が住宅ローンを借りてマイホームを新築または購入した場合には、所得税の住宅ローン控除のしくみを使って、毎年支払う返済金の一部の金額が控除できます。控除の適用を受けるには期限までに税務署で確定申告の手続きが必要で、翌年以降も年末調整などの手続きをします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【三郷市】一戸建て購入におすすめの不動産会社比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名有限会社松栄住宅株式会社クルーハウジングセンチュリー21
株式会社ホームネット
ヤマダ不動産三郷店
株式会社 M STYLE
株式会社新日本エステート
メリット地元に愛され30年! お客様ファーストを徹底する会社しつこい営業のない不動産会社移転後、ますますパワーアップしている不動産業者不動産について気軽に相談できる!地域にとってお客様にとって「ぴったり」な企業をめざす
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
【三郷市】一戸建て購入におすすめの不動産会社ランキングはこちら