三郷・八潮市周辺で新築一戸建ての購入を検討している方向けにおすすめの不動産会社を紹介しています。

新築一戸建てを建てるなら知っておきたい!建築条件付き土地とは


建築条件付き土地は、建築会社が指定されている土地です。自分が気に入ったメーカーや建築会社を選べませんが、土地代を安く購入できるという特徴があります。新築一戸建ての費用負担を少しでも減らしたいのであれば、建築条件付き土地はおすすめ。さまざまな制約がありながらも安く土地を購入できる、建築条件付き土地の魅力に迫っていきます。

建築条件付き土地とは

建築条件付き土地はあらかじめ決められている建築会社で建物の建設をすることです。そのため、購入者は希望するメーカーや施工会社を自由に選ぶことはできません。さらに、建設する建物の雰囲気や間取りもほとんど決まっている場合がありますが、部分ごとに購入者の意見を取り入れることも可能です。通常であれば、土地を購入してから建設に入る時期は自分たちのタイミングで選べるのですが、建築条件付き土地は一定間のうちに建設しなければいけません。

一定の期間の多くは3か月以内と定めている場合が多いです。3か月以内に細々とした建物の内容や建築の依頼をするなどの打ち合わせを進めていきます。詰まったスケジュールの傾向にあるので、時間に余裕のあるときに建築条件付き土地を考えるとよいでしょう。

建築条件付き土地に新築一戸建てを建てるメリット

建築条件付き土地は、いくつかの決まりがありますが、新築一戸建てを建てるメリットもあります。

土地を安く購入できる

注文住宅で建てる場合、土地代の値引きなどはないため費用がかさみます。しかし、建築条件付き土地であれば、建築会社が決まっている、限られたスケジュールで建物のプランを決めるなどの制約があるため、土地代を安く提供できる場合があります。同じエリアで同じ面積の土地と比較しても、建築条件付き土地は大幅な割引がされていることが多いので、お得に土地を購入して家を建てられるのです。少しでも費用を抑えたい方や建築会社にこだわりのない方は、建築条件付き土地がおすすめです。

自分の要望を取り入れられる

注文住宅ほどではありませんが、間取りや内装などの要望を取り入れることができます。たとえば、リビングの広さや部屋数、段差をなくすといった希望であれば、どこの建築会社も対応できることが多いです。建築条件付き土地だから自由な設計はまったくできないわけではないので、自分の理想とする戸建てに近づけられる可能性は高いと考えてよいでしょう。さらに、不動産会社を経由せずに建物の建設ができるため、仲介手数料が発生しないのもポイントのひとつです。

建築条件付き土地に新築一戸建てを建てるデメリット

次に建築条件付き土地で新築一戸建てを建てるデメリットをご紹介します。

タイトなスケジュール

建築付き条件土地は、基本的に土地を購入して3か月以内に一戸建てのプランを決めなければいけません。一般的な建物の建築プランの決定は3か月以上かかるケースも多くみられます。仕事の合間など、限られた時間のなかで間取りや設備、仕様などを決めていかなければならないので、タイトなスケジュールになりやすいです。急いで決めていく必要があり、人によっては大きなストレスになることもあります。

すべてを自由に設計できない

ある程度の自由度はありますが、すべてを自分たちで決められる注文住宅と比較すれば、自由設計度は低くなります。使用したい自然素材や特殊な設備を取り入れたくても、希望どおりにできないこともあるため、ある程度の妥協点をあらかじめ決めておく必要があります。また、イメージする建物と違った建物が完成する場合もあります。理想の建築会社を選べないので、イメージから逸れたデザインや雰囲気になることがあるのです。

期間内に契約をしなければ振り出しに戻る

期間内に建築の請負契約をしなかった場合、土地の購入が振り出しに戻ることがあります。違約金の発生は基本的になく、売買契約が消滅するだけです。すでに手付金や預かり金を払っていたときは、全額返還されます。しかし、解約条件付き契約があった場合、手付金や預かり金が戻ってこないかもしれません。業者によって売買契約をしなかったときの内容は異なるので、前もって契約書を確認しましょう。

建築条件付き土地を購入するときのポイント

建築条件付き土地の特徴を把握したうえで購入するのが大切ですが、購入前に確認しておくべきポイントがあります。

まずは、契約内容を細かく確認することです。たくさんの情報が記載された契約内容を隅々まで読むのをしない方もいるでしょう。しかし、契約内容には上記で伝えた解約条件付き契約を含む重要な情報が記されています。契約してから「知らなかった」となっても、契約内容どおりに業者は進めていくため、後悔しないためにも契約内容は一読しておきましょう。

そして、もうひとつのポイントが施工会社の確認です。自分たちで建築会社を選ぶことはできませんので、どんな会社であってどのような実績があるのか、購入の際にチェックしておくと安心です。

まとめ

建築条件付き土地は、土地代を割安で購入できるという大きなメリットがあります。しかし、さまざまな制約があるので、オーダーメイドで設計したい方は不向きでしょう。一方で、建物のこだわりが少ない方は土地代を節約できる建築条件付き土地がおすすめです。短い期間で、多くのことを決めていかないといけないので疲労を感じやすいですが、注文住宅よりも早く工事が終わり新しい家での生活が始まります。新築一戸建てを建てる計画をしている方は、建築条件付き土地も視野に入れておくのも、ひとつの方法です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【三郷市】一戸建て購入におすすめの不動産会社比較ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名有限会社松栄住宅センチュリー21
株式会社ホームネット
ヤマダ不動産三郷店
株式会社 M STYLE
株式会社クルーハウジング株式会社Future’s(フューチャーズ)
メリット地元に愛され30年! お客様ファーストを徹底する会社移転後、ますますパワーアップしている不動産業者不動産について気軽に相談できる!しつこい営業のない不動産会社仲介手数料最大無料!スタッフも丁寧な接客で好評
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
【三郷市】一戸建て購入におすすめの不動産会社ランキングはこちら